TOP議員一覧>土田 弘之宣
 

 平成18年まで、自動車メーカーの生産技術者として、働く人に優しい生産ラインの構築、また、設計者として、運転者にも歩行者に安全な車の開発などに取り組む中で、「人に優しいシステム」の大切さを実感してまいりました。

又、4人の子供の父親として、子育ての大変さと、未来をつくる喜びと責任を実感しております。

私は、これまで自動車エンジニアとして取り組んできた「人に優しいシステム」を構築する視点、そして、さらに子育て世代の視点を持ちながら、ヨコスカのより良い「未来図」を描くために全力を尽くしてまいります。


 

公明党神奈川県本部 議会局次長
横須賀総支部 副総支部長

昭和42年1月2日 生まれ

横須賀市立北下浦小学校

横須賀市立野比中学校

神奈川県立横須賀大津高校

湘南工科大学 工学部機械工学科卒

関東自動車工業株式会社
(現:トヨタ自動車東日本株式会社)

平成19年横須賀市議会初当選(現在4期目)
公明党横須賀市議会議員団 団長
議会運営委員会 委員長
総務常任委員会 委員長
議会制度検討会議 委員
【子育て・教育環境の充実】
・小児医療費の無償化を中学校3年生まで実現!(2018年4月〜)
・市内全市立中学校完全給食の実施決定!(2016年)
・市内全市立小学校に図書館司書配置実現(2019年)
・妊娠から出産・子育てまで一貫したサービスを提供する「横須賀版ネウボラ」の充実
・低所得者世帯への中学校新入学生徒の学用品費の入学前支給を実施
・タブレットパソコンによるICT教育を導入
・市内全市立小中学校の空調(エアコン)整備実現(2012年)
・米軍基地交付金等を使い普通教室の空調整備を推進し、市内の全小学校47校に配備されました(2012年)。
・小・中・高等学校にALT(外国人指導助手)を拡充
・国際コミュニケーション能力の育成を進めます。市立全学校にALT(外国人指導助手)を拡充します。小学校6人→30人、中学校9人→19人、総合高校(定時制)1人
・小・中学校、ろう学校、養護学校の全学級にICT(情報通信技術)を活用した教育を推進

【地域経済の活性化】
・横浜横須賀道路の料金の値下げを実現(2016年)
・横須賀市の経済活性化のために観光を推進!!(2017年)
・ 国道357号線の南下延伸を実現!!(2018年)
・横浜横須賀道路の料金の値下げを実現
・横須賀SA(阿部倉)にスマートICの開設を促進
・中心市街地にホテルの誘致を促進(市役所近隣)
・観光用デジタルサイネージ(電子看板)をJR横須賀駅に設置
・市内に点在する産業歴史遺産のルートミュージアム化を促進
・横須賀観光案内所が移転リニューアル!(2017年)
・次世代の主役となる電気自動車の普及及び、市内各所に急速充電設備の設置促進

【安心・安全のまちづくり】
・市内全防犯灯をESCO事業でLED化!(2016年)
・ブロック塀撤去に補助金を新設!(2018年)
・自転車ナビマークの社会実験を実施
・全市立小学校への緊急地震速報自動放送の設置
・危険な踏切道路(公郷1丁目、森崎2丁目)の拡幅整備実現(2009年、2012年)
・市内全駅舎エレベーターの設置完了(JR横須賀駅以外)
・災害、防犯情報のメール配信サービスの導入実現
・市立の全学校にAED(自動体外式除細動器)が設置
・米軍との防災協定の締結、米軍との防災訓練の実施、放射能漏れ監視体制の強化
・町内会の防犯カメラ設置助成

【医療・福祉の充実】
・【県内初】 中学2年生にピロリ菌の無料検査・除菌を実施決定!(2018年)
・ひとり暮らし高齢者向けの緊急通報システムがリニューアル(2017年)
・【県内初】飲み残した薬を有効活用!(2018年)
・「子供用車いす」の周知啓発を促進(2018年)
・ドラベ症候群患者家族会の新薬「ブコラム早期承認」を推進!(2018年)
・高齢者、障がい者を対象にゴミの戸別収集サービスを実現
・認知症初期集中支援チームの創設

【市民サービスの向上】
・期日前投票が行いやすくなりました!(2018年)
・地域公共交通網形成計画にコミュニティバスを明記
・食品ロス削減の取り組みを推進
・コンビニで公金収納が可能に(2020年4月から)
行動力ナンバー1で確かな実績! 
「つ」ねに  「ち」いきを  「だ」いじにします!
車関係全般、映画・音楽鑑賞、アーチェリー
妻、1男3女、母の7人家族

[Back]
〒238-8550 横須賀市小川町11 9F TEL:046-822-8453
postmaster@yokosuka-komei.jp
Copyright(c)2020,yokosuka komeito. All Rights Reserved.