公明党横須賀市議会議員団

ホーム ご挨拶 所属議員一覧 活動報告 ダウンロード ご意見・ご質問

板橋 衛

イタバシ マモル

私の考え

私たちは今、時代の大きな転換点に立っています。急速な少子高齢化の進展や人口減少社会への影響は、医療・介護・年金・福祉など我が国の社会保障制度の 根幹を揺るがし、合わせて厳しい財政事情を背景に国や地方もその財源の確保に汲々としているのが実情です。
その一方で、経済も社会もグローバル化の時代を迎えて、これまでわが国の繁栄を支えてきた中央集権型の国家体制ではもはや限界に来ていると言わざるを得ません。行政のムダの温床は、2重3重行政と言われる国・県・市の行政の3層構造の行政機構そのものにあると考えます。政治・行政に携わる者は「政治は一体誰のためにあるのか?」との原点に立ち返り、既得権益にしがみつくことなく、今こそ、本格的な地方分権改革を大きく進めるべきと考えます。
これからの子どもたちに、確かな明日を保障できるかは、私たちの世代の責任であるからです。そのために、私は全力で頑張ります。

党役職
公明党神奈川県本部 幹事
神奈川県本部機関紙推進委員会 副委員長
市議会役職
全国市議会議長会 副会長
横須賀市議会 議長
主な実績
http://www.komei.or.jp/km/yokosuka-itabashi-mamoru/
モットー
「早寝・早起き・朝ごはん」運動の推進で、ひとに元気! まちに活力!
趣味
今は子供と遊ぶこと、読書、料理
家族
妻、2男
経歴
昭和33年6月横須賀生まれ
 市立長浦小・不入斗中学校卒業
 県立横須賀高校卒業(29期)
 明治大学政治経済学部卒業
 大手外資系海運会社を経て
平成3年4月横須賀市議会議員に初当選(現在8期目)
 教育経済常任委員長
総務常任委員長
議会活性化推進委員会副委員長
横須賀市監査委員
神奈川県競輪組合議会議員等を歴任

所属議員