TOPページ活動報告>14.02.25 平成26年第1回定例会において代表質問を行ないました。
 平成26年第1回定例会において代表質問を行ないました。室島議員 (2月25日) 

 公明党市議団を代表し、市長、教育長、関係理事者の皆様に、平成26年度予算案について質問をさせていただきます。

 ■施政方針について■

 既に超高齢化社会に入り、2025年問題をどう健全に乗り越えるか、万全の準備が求められます。そして、医療費を適正に抑制することの必要性は、行政の大きな課題でもあり、誰もが考えるところであると言えるでしょう。


  • 超高齢化社会の横須賀の都市像を市長はどうお考えでしょうか、伺います。

 横須賀が大好きで住み続ける市民が多くいらっしゃいます。その方たちが横須賀に何を期待されているのか、市民の思いを知り、それに応えることも第一に考えなければなりません。


  • 横須賀への高い満足度を感じて、これからも住み続けていただくわけですから、ここを二の次にしてはならないと思いますが、市長はこの満足度をどのように高めるお考えでしょうか、伺います。
 ■人口減少社会のまちづくりについて■
  人口減少について

 選ばれるまちを高く掲げて市長に臨んだ吉田市長にとっては、出鼻をくじかれた感は否めないのは当然のことと思います。


  • 今回の不名誉な結果について、市長はどのような感想をお持ちか聞かせてください。
  • 選ばれるまちの最もターゲットとしている若い世代の転出が激しい現状について、その要因を市長はどのように分析しておられるのか、所見を聞かせてください。
  • 市長が掲げる選ばれるまちの条件に、横須賀市が特に若い世代に選ばれるまちとなるためには、何が必要と認識されているのでしょうか。横須賀の置かれた地理的条件や生活する上での社会的条件、そして都市としてのイメージの3分野について、市長の認識をまず聞かせてください。
  • 市長が掲げられた選ばれるまちの条件に照らして、本市の現状とギャップをどのように埋めるおつもりか、できるだけ具体的に聞かせいただきたい。
 ■子ども・子育て支援新制度について■

  • 子育て世代に選ばれるまちを標榜する吉田市長は、今回の制度改正に合わせてどのような姿勢で取り組んでいくおつもりなのか、吉田市長の基本認識についてまずお聞かせ願います。
  • 未就学児の教育保育は人格形成に大きな影響をもたらし、将来の人材育成、教育的投資という意味からも、有効な施策と考えますが、市長はいかがお考えでしょうか。幼児教育の重要性について、市長の忌憚のない所見を聞かせてください。
  • 優秀な保育教諭等の確保やすぐれた教育保育環境を構築するためにも、思い切った予算措置をとることも必要と考えますが、市長はいかがお考えでしょうか。
 ■公立保育園の再配置計画策定の基本的な考え方について■

  • 市内の保育ニーズに的確に対応することが基本ではありますが、民間の意欲を最大限に引き出すことを前提に、誘導策も含めて公立保育園の再配置計画を策定すべきと考えますが、市長はいかがお考えでしょうか。
  • 昨年公表した横須賀市公共施設マネジメント白書に基づき、将来の市民ニーズに応じた公共施設の再配置計画を策定することにあわせて、効率的な行政運営の観点からも、適宜適切に対応すべきと考えますが、市長の忌憚のない考えを率直に聞かせてください。
  • 今後の公立保育園の再編計画策定に当たっての市の姿勢が、本市の子育て環境の向上に直結する問題だけに、市の姿勢が問われていると考えます。この点、市長はどのように考え手いるのか率直にお答えください。
 ■公立幼稚園について■

 平成27年度より子ども・子育て新制度が施行されると、公立幼稚園の役割はおのずと変わってくると思われます。公立幼稚園は、原則として施設型給付の枠外であると聞いております。


  • 施設型給付と公立幼稚園運営費との関係性についての考えを聞かせてください。
  • 新制度施行後の市立2園の幼稚園については、市長はどのような考えをお持ちなのか、まず聞かせてください。
  • 市長は市立幼稚園の今後の役割、また存続意義についてどのようにお考えか、お聞かせ願います。
 ■待機児童対策の問題について■

 横須賀市の待機児童数は、平成23年度35人、平成24年度36人、平成25年度34人と、この数年間推移していますが、これらは全て4月時点の待機児童の数です。しかしながら、10月になると大幅に需要が増加し、平成23年106人、平成24年度86人、平成25年度一挙に待機指導が133人になったとの報道がありました。


  • この認識について伺います。
  • これまでに比べ隠れたニーズが喚起されている中で、新年度は25人の保育所定員の拡充を図られるようですが、子ども・子育て新制度へ移行する中で、待機児童解消のためにどう対応しようとされているのか、市長の考え並びに計画を聞かせてください。
  • 量の確保については、定員の拡充とともに保育士の確保が欠かせませんが、質と量を兼ね備えた保育士の確保策について、新年度において県や政令市とともに、保育士・保育所支援センターの運営に参入するお考えのようですが、この事業内容と事業効果をどう見られているのか、市長の考えを聞かせてください。
 ■小児医療費の無料化について■

  • 小児医療費の無料化は、平成29年度までに小学校6年生まで拡充する予定とのこと。私どもは少子化対策と子育て世帯への経済対策としても、小学校6年生までの拡充には賛成の立場です。しかしながら、若い世代から選ばれるまちとして、必要十分な施策としてハンドルを切るときは、親の収入に関係なく、全ての子どもたちへの支援として、また他都市と比較して遜色のない施策として、所得制限も撤廃する必要があると思いますが、この点について市長の考えを聞かせてください。
 ■本市の抱える教育課題について■

  • 本市の抱える多種多様な教育課題について、新教育長はどのような御認識をお持ちでしょうか。学校教育のみならず、美術館、博物館運営や本市の近代史を含めた歴史教育など、生涯教育についても、この際ぜひお考えをお聞かせください。
  • 学校教育については、かねてより不登校やいじめの問題、そして何よりも学力の問題等、課題が山積しておりますが、新教育長はこれらの課題についてどのような姿勢で取り組まれるおつもりでしょうか。また、4年間の任期中にどのような目標を掲げ、推進していかれるおつもりでしょうか。具体的に聞かせてください。
 ■学力向上について■

  • 本市の置かれた学校教育の課題を教育長はどう認識し、その克服について任期中にどこまで推進されようとしているのか、教育長に伺います。
 ■横須賀子ども学力向上プロジェクトの推進について■

  • 新年度において前年度に比べ約2倍の予算措置がなされており、学校教育全体において重点的に取り組んでいかれるようですが、その課題認識と目標設定について教育長に伺います。
  • 学力と読書の相関関係については、以前、我が団が永妻教育長と質疑を交わす中で共通認識に至った課題ですが、新教育長は学力はもとより、想像力や重いやり、人の痛みに共感する情操心を育む読書の持つ力についてどのように考えているのか。
  • 車の両輪として学力向上には欠かせない学校図書館活動の充実について、新教育長の認識と取り組みの計画、目標設定について聞かせてください。
  • 学力向上プロジェクトという対処療法的な取り組みを否定するわけではありませんが、読書活動を通した子どもの基礎的な力は、長い目で時間をかけて培っていく必要性があること、そしてそこに予算配分する重要性を指摘しておきたいと思います。この点について、市長、教育長の考えを聞かせてください。
 ■中学校給食について■

 多くの方からいただいた声を当時の沢田市長に届け、スクールランチの実施に至りました。それはあくまでも暫定的実施であります。実施当初から、私どもは栄養面、価格面については指摘をさせていただきましたが、この間、見直しをされることもなく、継続実施されてきました。


  • このたびの見直しの試行実施については、前向きに捉えているところですが、本市としての中学校給食の方向性について、改めて市長、教育長の考えを聞かせてください。
 ■公共施設再配置適正化計画について■

 人口減少時代に突入した自治体の財政のスリム化は、避けて通れない行政課題であります。その意味から、人口規模に見合った公共施設の配置を見直していくというのは、横須賀市にとっても、財政抑制の切り札と言える重要な課題だと思います。


  • この点について、市長のお考えをお聞かせください。

 昨年9月に、横須賀市公共施設マネジメント白書が公表され、更新費用を確保するための対応策の中で、統廃合などにより、施設面積を総面積125万平米の3割減らすことで、公共施設の更新費用として、今後確保できる年額58.7億円に削減することが可能という試算結果が出ました。統廃合による総面積の3割を削減するということは、市民への影響は図り知れず、大きな抵抗に遭うことも予測されます。受益者負担の原則に照らして、施設の使用料の適正化など、難しい課題もあります。


  • 市長の御認識と推進するに当たってのお覚悟を伺います。
  • 市長の言う「変化の手ごたえ」とは具体的に何を指していらっしゃるのでしょうか?また、マニフェストの達成状況が任期1年あまりを残した時点での自己評価とは言え、207項目中7割という高い達成率の割には、市民が「改革」を実感できていないという、この市長と市民との間の感覚のズレは一体どこに起因しているとお考えなのか?合わせてお答えいただきたいと思います。
  • 公共施設白書や財政予測を含む必要十分かつわかりやすい情報公開を行うとともに、各地に出向いて説明会を開催するなど丁寧な対応が必要と考えますが、市長のお考えを聞かせてください。
  • 施設の維持更新、利活用の全ての調整権限を持つ一元的なマネジメントを推進するための庁内の組織体制を構築することが必要と考えますが、市長の所見を伺います。
  • できるだけ機能を維持しながら更新するためには、民間の独走的な知恵が必要なため、推進の過程で随時民間の意見を求めるプロセスを織り込むことが重要です。その際、民間が意欲的に参加できるように、提案者に何らかの優遇措置を講じ、民間のアイデアを尊重することも必要と考えますが、市長の所見を伺います。
 ■経済対策について■

  • 横浜横須賀道路の料金値下げの問題のその後の国の動向と今後の見通しについて聞かせてください。
  • 同時に要望した横浜横須賀道路の釜利谷ジャンクションから圏央道へのアクセス道路の整備については、太田大臣からも、その場で今年度着工との見通しが示されたわけですが、その後の状況と今後の見通しについても、あわせて聞かせてください。
  • 国道357号の延伸問題や三浦半島中央道、三浦縦貫道の第2期工事についても、三浦半島エリアの経済の活性化には欠かせない道路でありますので、現在の進捗状況及び今後の見通しについて、あわせて聞かせてください。
  • スマートチェンジの推進状況についても聞かせてください。
 ■労務単価の引上げ効果について■

  • 本市において労働者に適切に賃金が支払われ、下請企業にもしっかり反映させていくことが、景気回復の上で大変重要となりますが、市の対応について具体的な内容を伺います。
  • 建設業の労働環境の改善、若年層の就業を促す目的から、国は労務単価の引き上げにあわせ社会保険に加入していない企業を国直轄工事の入札から排除する政策を検討しているとのことですが、本市の発注については、現場の状況を含めどのように考えているのか、伺います。
 ■中央商店街の活性化対策について■

 商店街の活性化を図るには、ドル旅のような地域の特質を生かした企画やセールが必要ですが、より重要なのは、資金の少ない若い意欲のある商業者を吸収し、出店意欲が出せるような環境整備ではないでしょうか。採算がとれず、出店にブレーキがかかれば、若者に刺激のある魅力的なまちづくりはできないのでしょうか。また、商店街の協調性にも課題が多いと聞いています。


  • 中心市街地の活性化を重要な政策課題の一つとして掲げる市長は、こうした根本的な課題をどう認識されているのか伺います。
 ■歴史遺産を活用した新たな産業としての観光振興について■

  • 現在の本市の観光について、集客促進アクションプランの効果をどう評価されているのか、聞かせてください。
  • 地域経済に活性化をもたらす産業としての観光振興の視点を持って推進すべきと考えますが、市長の所見を聞かせてください。
  • 市長は本市ゆかりの歴史的偉人である三浦按針をどのように評価されているのか、聞かせてください。
  • 按針サミットで関連他都市と今後どのように連携強化を図っていくのかお聞かせください。
  • 今後、三浦按針という郷土の歴史的な偉人をどのように市民にアピールしていくのか、市長の所見を聞かせてください。
 ■横須賀製鉄所建設150周年について■

  • 横須賀製鉄所150周年の佳節に際して本市はどう取り組むのか、具体的な検討を行っているのか、行っているとすればどのような内容か聞かせてください。
  • 本市が有する歴史的観光資源に時代のストーリー性を持たせ、その価値をブランド化することで、新たな観光が創造できるのではないでしょうか。市長の所見を聞かせてください。
  • 地理的、歴史的観光資源に大きな変化を生じさせ、その後の都市としての交流につながる本市発展の礎が築かれた時代のストーリー性を考えれば、横須賀製鉄所を基点とした近代、近世の歴史にスポットライトを当て、ブランド化してはどうでしょうか。市長の所見を聞かせてください。
  • それをどう生かし発信するかについては、横須賀の近世、近代史をテーマとした資料館という見える形を想定し、明年の横須賀製鉄所建設150周年を好機と捉え、その必要性を広く市民に啓発発信することで、具体化するのではないでしょうか。市長の所見を聞かせてください。
 ■観光協会について■

  • 本市の新たな観光協会のあり方については、横須賀市は観光で発展するまちと定め、観光を本市の基幹産業に据えた観光振興を推進すべき機関として、観光協会のあり方を検討することが重要ではないでしょうか。市長の所見を聞かせてください。
  • これまで観光施策としては十分にアプローチしてこなかった中国や韓国など、アジア諸国に対する国際交流に焦点を当てたインバウンド政策により、横須賀ならではの新たな観光にチャレンジしてはいかがでしょうか。市長の所見を聞かせてください。
 ■2025年問題について■

  • 在宅診療の医師不足をどう解決していくのか、大きな課題だと思います。現状の課題解決に向けた取り組みと今後のロードマップについて、市長に伺います。
  • 介護施設に頼らず在宅で介護を続けるには、在宅要介護者への24時間巡回サービスが不可欠になってくると思われますが、今後の介護保険計画の中でどう取り組んでいかれるのか、市長に伺います。
  • 在宅でのみとり経験の長い実績をお持ちの先生による講演会や出前トークなど、市民に身近な行政センター単位などで積極的に推進していただきたいと思いますが、この点について市長のお考えと取り組みの方向性について伺います。
 ■認知症高齢者の早期発見、早期支援について■

  • 今回、認知症地域支援推進員による随時相談体制が充実するようですが、支援推進員の配置について聞かせてください。
  • 相談はできても、その先の医療、介護が容易に進まないのが現状ではないでしょうか。この体制をどう考えか伺います。
  • 認知症の高齢者とコミュニケーションの改善ができるユマニチュードを認知症のケアにぜひ導入していただきたいと思いますが、市長の所見を伺います。
 ■国民健康保険制度における財政健全化計画について■

  • ウオーキングやラジオ体操の運動習慣を取り入れた健康づくりの普及促進を推進する健康部との連携も重要になってきますが、その点についてどのように健康部と協力されるおつもりでしょうか、伺います。
  • 市民の健康寿命の延伸を図る施策には、やはり中長期の計画が必要ではないでしょうか。この点について、県に移行後の健康施策の計画の策定も視野に入れるべきと考えますが、市長の所見を伺います。
 ■健康都市横須賀宣言の見直しについて■

  • 健康増進を推進する横須賀になるかという具体性と超高齢化社会を見据えた健幸都市よこすか宣言に進化させ、広く市民と共有すべきと考えますが、市長の所見を伺います。

 ここで申し上げました健康都市の健康とは、WHOが提示した健康の定義をより深く踏み込んで、より広範囲な視点から見た健康感を含ませ、健康の「康」を「幸」に置きかえ、健康で幸せな横須賀の宣言としていきたいと提案いたします。
 平均寿命は年々延びる傾向にある中で、市民の不健康期間をいかに減らしていくか、高齢化率の高い本市にとって、これからの10年が市民の健康寿命を延ばす取り組みに最も力を入れるべきときと考えます。


  • 健康増進に関心のある方は積極的に各種メニューに参加されることと思いますが、参加されない方たちにどう啓発していくか、絵に描いた餅にならないように、市民ぐるみの運動にしていくことが大事ではないでしょうか。市長は市民ぐるみの運動として広げていくことの必要性をどのようにお考えでしょうか、伺います。
 ■生涯スポーツ活動を通じた健幸都市よこすかの推進について■

  • 折しも1月14日、日本は障害者権利条約を世界141番目の国として批准しました。今回の条約批准を契機に、誰もが安心してスポーツのできる町の実現に向けても、横須賀市として今後どのように取り組んでいかれるおつもりなのか、市長の考えを聞かせてください。
 ■スポーツ振興も健康増進施策の一環としていくことについて■

  • もう1課、教育委員会のスポーツ課が加わり、健康増進をバックアップするためのスポーツイベントの企画を加え、誰でも参加したい方は自由に参加できるイベントとして、回を重ねるごとに参加者をふやしていくことを主眼に置くことで、横須賀の健康増進施策のイメージアップにつながると考えますが、市長の所見を伺います。
  • 健康維持を目的に、自分に合ったスポーツを生活のリズムに取り入れている方は、年々ふえておりますが、市民の間にスポーツをもっと身近に感じていただき、参加できる機会をふやすべきではないでしょうか。そこで、ウオーキングを基本とする健幸都市よこすかについて伺います。
  • 自然環境の豊かな横須賀の景観をアピールしながら、年1回で終わらせずに、市民の健康づくりに四季を通じたウオークイベントで、歩く楽しみを感じていただきながら、健康増進を定着させればと考えますが、市長の所見を伺います。
 ■スポーツを都市イメージ戦略に位置づける必要性とスポーツのまち横須賀へ向けた取り組みについて■

  • 健幸都市よこすかからスポーツのまち横須賀へと新たな展開を想定し、その財政的基盤を確立するとともに、市民との意識を共有する意味からも、基金の創設は有効と考えます。市長の所見を聞かせてください。
  • 今回そのための財政基盤の確立とスポーツのまち横須賀という都市イメージについて提案させていただきましたが、ぜひとも前向きに検討していただきたいと思います。市長の忌憚のない考えを聞かせてください。
 ■災害に強いまちづくりについて■

  • 今回の大雪では、そうした方たちが協定に基づいた除雪活動を各地で行ってくださり、周辺の皆様からも大変に助かったとの喜びの声を聞いています。本市が掲げる防災対策に、雪害という想定はあったのでしょうか伺います。
  • 幹線道路の麻痺によって物流がストップし、市内のスーパーや小売店、コンビニなどの店頭では商品がなくなるという事態でした。今後も今回と同様な記録的な降雪が想定されると思いますが、これらの課題についてどのような対策を行うのでしょうか、伺います。
  • 今回の大雪では予想以上の降雪に、身近な情報がなく、突然の停電など今必要な情報もなく、不安を感じた市民が多くいらっしゃいました。ここで提案させていただきますが、このような緊急時であればなおさら、多くの市民に同時に情報発信できる防災情報メールサービスを活用すべきと考えますが、市長の所見を伺います。
  • 三方を海に囲まれ、山と海が迫った独特な地形を持つ本市における被害想定は、今までの想定と比較してどのように変わったのでしょうか。また、その被害想定についての認識を聞かせてください。
 ■インフラ総点検と脆弱性評価の現状と課題について■

  • 3.11以降、老朽化した社会インフラに注目が集まり、より充実した整備、改修が求められる脆弱性評価のための総点検を実施するようになりました。では、その総点検の結果はどうだったのでしょうか。結果から見えてきた課題は何で、今後どのような対策を行っていく必要があるとお考えでしょうか、伺います。
 ■通電火災について■

  • 市長は通電火災対策をどのように展開されるおつもりでしょうか、お答えください。
 ■防災対策における男女共同参画について■

  • 本市においても、特別委員会での我が団の指摘を受け、避難所における授乳や女性が着がえるための簡易テントを全避難所に配備していただくことができました。このように、防災対策に女性の視点を生かし、意見や声を反映できる枠組みの必要性について、改めて市長の見解を伺います。
 ■防災教育の原点と課題について■

 大事なことは、消防局や市民安全部など、数多くの災害現場や火災現場での経験を持ったプロの方々のアドバイスを生かした本物の防災教育を行うことであり、より実践に近い訓練を行うことだと考えます。


  • 教育委員会と消防局、市民安全部などの部局がしっかり連携して、防災教育に取り組むべきと考えますが、市長、教育長の見解を聞かせてください。
 ■防災教育の原点と課題について■

  • 選ばれるまちを実現するために最も大事なことは、防災減災をベースにした災害に強いまちづくりであると考えます。市民の命や財産を守ることが、市長の言われる選ばれるまち横須賀を実現させると思いますが、最後に所見を伺って、私の1問目を終わります。

[Back]
〒238-8550 横須賀市小川町11 9F TEL:046-822-8453
postmaster@yokosuka-komei.jp
Copyright(c)2014,yokosuka komeito. All Rights Reserved.