メールマガジン「登録」方法について

 メールマガジンの登録
 yokosuka-komei-ctl@labo2.sere.jpへ空メールを送信します。
 登録完了メールを受信できれば、登録完了です。
 ※携帯電話で受信者設定を指定している場合は、
 「labo2.sere.jp」からのメールを受信できるように、必ず受信者設定を行ってください。
                              登録用QRコードはこちら→→→→→→
 メールマガジン「解除」方法について

 メールマガジンの解除

 yokosuka-komei-admin@labo2.sere.jpへ空メールを送信します。
 ※解除には数日かかる場合があります。ご了承ください。

 最新のメールマガジン
バックナンバー」はこちら 

Vol.254 2019/01/21

よりよい教育環境の充実を目指して

横須賀市教育委員会は今月17日に総合教育会議を開き、長時間勤務が課題となっている教職員の働き方を改善しようと議論を行いました。
そのなかで、市立小中学校の教職員が休暇を取得しやすくなるよう、今年の夏休みから「学校閉庁日」を導入する方針を示しました。
具体的には、休みにする期間は8月12日から14日までの3日間ですが、今年は12日が祝日の振替日のため、13、14日の両日となりました。
原則、この期間は部活動なども行わず、教職員が不在になるため、市教委の教育指導課が保護者からの緊急連絡などを受けるとされています。
その他、中学校に専属の部活動指導員を順次配置したり、教職員の実態報告を行い、保護者の理解を深めて行く予定です。
上地市長も教職員の閉庁日を今後拡充していく必要性も含め、市制記念日である2月15日を休みにして生徒と教職員も一緒に休めるようにしていきたいと提案されました。

公明党市議団も教職員の勤務体系等の改善を含めた働き方改革を訴えてきました。
今回の取り組みには様々なご意見や課題もありますが、市議団としても生徒・教職員のよりよい教育環境の充実を目指し取り組んでまいります。(二)

なお、誠に勝手ではございますが、本号をもちまして市議団メールマガジンの配信を一旦休止させて頂くことになりました。
次回、配信再開の際には更なる内容充実を目指し、お届けする予定となっておりますので、ご期待ください。

公明党横須賀市議団一同

 
 

〒238-8550 横須賀市小川町11 9F TEL:046-822-8453
Copyright(c)2018,yokosuka komeito. All Rights Reserved.