メールマガジン「登録」方法について

 メールマガジンの登録
 yokosuka-komei-ctl@labo2.sere.jpへ空メールを送信します。
 登録完了メールを受信できれば、登録完了です。
 ※携帯電話で受信者設定を指定している場合は、
 「labo2.sere.jp」からのメールを受信できるように、必ず受信者設定を行ってください。
                              登録用QRコードはこちら→→→→→→
 メールマガジン「解除」方法について

 メールマガジンの解除

 yokosuka-komei-admin@labo2.sere.jpへ空メールを送信します。
 ※解除には数日かかる場合があります。ご了承ください。

 最新のメールマガジン
バックナンバー」はこちら 

Vol.208 2018/02/19

「子ども用車いす」にご理解を

昨年、市民相談を通して「てんかん」の持病を持ったお子さんの悩みをお聞きしました。
それは、利用している「子ども用車いす」の理解が進んでいないとの事でした。
「子ども用車いす」は、一見ベビーカーの様に見えるために「車いす」と同じ様な対応が受けられないのです。
歩けない子どもや発作の後の昏睡をしている子どもなど「子ども用車いすがなければ移動できない」、「命の危険がある」ために使用しています。
そのような事情を理解されないことから、外出に様々な障害を抱えています。
「子ども用車いす知って 母親らが取り組み」(youtube内の一般社団法人 共同通信社の当該動画に移動します)

そのような中で、「子ども用車いす」で、気兼ねなく公共交通機関を利用できるよう、広報や啓発を進めてきました。
その中で、横須賀市のホームページに「子ども用車いす」のコーナー 「知ってください。子ども用車いすのこと。」ができました。
(横須賀市のホームページに移動します)

2月27日の代表質問にも取り上げ、広報よこすかへの掲載、公共交通機関への働きかけ、学校教育の中で子供たちへ理解を進めるなど更なる啓発を上地市長に提案致します。
今後も、公明党の議員らしく小さな声も大切に、現場第一主義で誠心誠意取り組んで参ります。(土)

 
 

〒238-8550 横須賀市小川町11 9F TEL:046-822-8453
Copyright(c)2018,yokosuka komeito. All Rights Reserved.