公明党横須賀市議会議員団

ホーム ご挨拶 所属議員一覧 活動報告 ダウンロード ご意見・ご質問

公明党横須賀市議団 活動報告

平成20年度第3回横須賀市議会定例会を行ないました。室島議員 (9月29日)

私は、1つに横須賀の歴史・文化遺産の保存について、2つに市立諏訪小学校、校舎改築事業について、3つにがん医療の取り組みとして「緩和ケア」の普及についての以上3点を伺います。

はじめに横須賀の歴史・文化遺産の保存について伺います。

次に諏訪小学校、校舎改築事業ついて伺います。

次に「緩和ケア」の普及について提案も含め伺います。

本年6月より市民病院が医療・看護の質の向上に貢献していこうと緩和医療の充実を目指し、新たな試みとして、ナースセラピストとパストラルカウンセラーを導入したことは、患者さんへの心のケアを目指す、緩和医療の充実を図るうえでも、国の示す緩和ケアの先駆的取り組みとして、高く評価し期待するところです。
本市のがん緩和ケアの一つとして「がんと闘っている方達への支援」と「ケアする方達への支援」と、「市民にも緩和ケアへの理解を深めていただく」ためにも、市立図書館に、厚労省の「緩和ケア普及のための地域プロジェクト」で推薦された緩和ケアに関する書籍を中心に、関連する書籍の充実を図り、「緩和ケアを知る図書コーナー」を設置してはいかがでしょうか。市長のご所見を伺います。

以上で私の質問を終わらせていただきます。

活動報告トップへ戻る