公明党横須賀市議会議員団

ホーム ご挨拶 所属議員一覧 活動報告 ダウンロード ご意見・ご質問

公明党横須賀市議団 活動報告

横須賀市議会として日産追浜工場を訪問し、電気自動車の実験車両に試乗させて頂きました。(12月22日)

12月22日、横須賀市議会として日産追浜工場を訪問いたしました。
土田議員は、第4回定例議会一般質問において、行政側の電気自動車充電器等、インフラ整備支援の回答を引き出しました。
来年5万台規模で、電気自動車「リーフ」の生産を開始するとの事。横須賀市の地域経済活性化と雇用創出に効果が大きく、温室効果ガスを全く排出しない(ゼロエミッション)ことは、自然環境保護の上からも非常に重要であると考えます。
北米向け(かなりのオーダーが来ているとの事)からスタートし、その後国内向けを生産するそうです。
今回、日産自動車の特別な計らいで、電気自動車の実験車両(ティーダの改造車)を使い、テストコースを試乗させて頂きました。
3.5リッター車(フーガ)並みの加速性能と、低重心のため、スポーツカーに乗っている様な感覚でした。
何より騒音が小さく乗り心地がよいため、人にもやさしい車だと思います。基本的にはモーター、インバーター、バッテリーなのでデザインの自由度も大きい為、今後、個性的な車が生まれ、若者の車離れが解消され経済の活性化と環境保全が大きく進む起爆剤になると期待しています。

日産自動車様ありがとうございました!

活動報告トップへ戻る